2023_oroshi_winter_J
53/72

\4,500年・↑\4,500新\3,500↑\4,200\6,200\4,000\4,500\3,30012723赤12722赤12178赤12176赤12402白12181赤11135発泡ロゼ12169白シラー・レ・コート・ド・ルエスト ‘17Syrah Les Cotes de l’Ouest ‘17カリフォルニア州シラー96%/ヴィオニエ4% Alc.14.6% ガリッグ S'14Garrigue S'14(3ページ参照)テット・ア・テット ‘15Tete a Tete ‘15シエラ・フットヒルズグルナッシュ39%/ムールヴェードル39%/シラー22% Alc.14.6% ロートル ‘14L’Autre ‘14シエラ・フットヒルズグルナッシュ75%/ムールヴェードル17%/シラー8% Alc.14.5% エル・カミーノ・ヴィンヤード・シャルドネ ‘17El Camino Vineyard Chardonnay ‘17サンタ・バーバラ・カウンティシャルドネ Alc.14.1% ベリー・ダーク・レッド ‘20Very Dark Red ‘20モントレー・カウンティカベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ/プティヴェルド/プティ・シラー Alc.14.4% ロゼ・バブルズ (王冠) NVRose Bubbles (Crown cap) NVオレゴン州ピノ・ノワール90%/シャルドネ10% Alc.12.1% 残糖10.4g/Lリースリング S’21Riesling S’21オレゴン州リースリング Alc.12.0% 残糖18.8g/Lベイ・エリアでワインショップを経営していたビル・イーストンが1986年にアマドール・カウンティ、シェナンドー・ヴァレーに興したワイナリー。90年代初期のローヌレンジャーのパイオニアのひとりとして知られ、ローヌ品種に特化した個性的なワインが造られる。ラズベリー、スモーク、ジビエ、胡椒、シナモンの香りにオリーブやハーブ、ヘーゼルナッツのニュアンスが複雑に混じる。サン・ジョセフや他のローヌ北部ワインにも共通する純度の高い果実味と酸を備え、滑らかに風味豊か。シラーとヴィオニエは混醸、フレンチオーク樽で17ヶ月間熟成(新樽20%)。レ・コート・ド・ルエストはフランス語で西海岸の意味。シエラ・フットヒルズシラー66.6%/カベルネ・ソーヴィニヨン33.4% Alc.14.5% バランスのよさとコストパフォーマンスの高さで知られるテール・ルージュの定番テーブルワイン。GMSブレンドによる絶妙なバランスで、野性味あるスパイシーさと肉っぽさがしなやかにまとまっている。2015年は伸びやかな酸があり、きめ細かやかでエレガントな仕上がり。わずかに褐色した色調で、生肉と様々なスパイスの複雑な香りが立ち、古木のグルナッシュ由来の土っぽいミネラルが縁取る。ムルヴェードルの野性味、シラーのあるコクが調和し、何層もの果実とスパイスが複雑に絡み合い、最後に鉄っぽい余韻を残す。シャルドネの名手、ヴァーナーがサンタ・クルーズ・マウンテンからサン・ミゲルに拠点を移し、サンタ・バーバラ・カウンティ、ロス・アラモスの単一畑から南カリフォルニアらしい芳醇で、果実味豊かなワインを送り出す。洋梨、リンゴとネクタリンの芳醇な果実にオリ由来の旨みが溶け込み、柑橘系の快活な酸が全体を覆い、石っぽいニュアンスを残す。MLFせずにステンレスタンクで発酵させ、ステンレスタンク(75%)とフレンチオーク樽(新樽25%)で熟成し、最後にブレンド。シャイド・ヴィンヤーズがモントレー・カウンティ最南端、サンタ・ルチア・ハイランズ麓に位置するヘイムズ・ヴァレーの畑から造る。VDR(=Very Dark Red)の名の通りの濃厚な色調ながら、芳醇な深みのある果実味をピュアに表現ネーミングの通り、見通せないほど濃厚な色調で、リッチに熟したダークフルーツの果実がストレートに表現されている。力強く、フルボディだがきめ細やかなシルキーなタッチで、上品なまとまりがある。カベルネ、メルロ、プティ・シラー、プティ・ヴェルドという珍しい組み合わせによる、好奇心旺盛な人を魅了するブレンドワイン。[92pts Tasting Panel]オレゴンワイン産業界に精通した2組のカップルが2002年に興したネゴシアン・プロジェクト。オレゴン州各地にまたがる栽培家からブドウを調達し、巧みなブレンドによりバランスに優れたワインが造られる。長期契約のもと、契約畑の栽培コンサルティングを手がけている。ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%の比率で、タンク内二次発酵方式で造られるロゼ・スパークリング。チェリー、イチゴ、ネクタリンの果実とジューシーな酸味があり、フィニッシュはすっきりとドライ。[88pts Wine Enthusiast “Editor’s Choice” ]アプリコット、マンダリンオレンジ、白桃の果実にフローラルなアロマが縁どり、重層的な果実味がジューシーに広がる。心地よい残糖の甘みと快活な酸のバランスのもと、フィニッシュは爽やかにリフレッシュする。ハングタイムが引き延ばされた2021年は理想的なバランスに仕上がった。リースリングの売上の一部はアメリカ蜜蜂保護活動団体に寄付される。[91pts &“Editor’s Choice”Wine Enthusiast]オレゴンVarnerヴァーナーVDR WinesVDR・ワインズTerre Rougeテール・ルージュA to Z Wineworksエイ・トゥー・ゼット・ワインワークス-53-

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る