2022_oroshi_spring_J
52/64

\6,500年・↑\7,800年・↑\7,500\6,800\4,500\4,500\5,200\4,500年・↑・名\5,300赤10911赤988811698微発泡ロゼ11696白11695赤11928白11616白11933赤11922赤ピノ・ノワール・ザ・ハーミット '15Pinot Noir The Hermit '15ウィラメット・ヴァレー、ダンディ・ヒルズピノ・ノワール Alc.14.0% ヴェスプダエ・ウィラメット・ヴァレー・ピノ・ノワール '13Vespidae Willamette Valley Pinot Noir '13ウィラメット・ヴァレーピノ・ノワール100% Alc.12.5% ペティアン・ナチュレル・ピノ・ノワール (王冠) '20Petillant Naturel Pinot Noir (Crown cap) '20ウィラメット・ヴァレー、ヴァン・ダザー・コリドーピノ・ノワール Alc.12.6% 残糖10.7g/Lグリューナー・ヴェルトリーナー '19Gruner Veltliner '19ウィラメット・ヴァレー、ヴァン・ダザー・コリドーグリューナー・ヴェルトリーナー Alc.14.0% ブラウフレンキッシュ '18Blaufrankisch '18ウィラメット・ヴァレー、ヴァン・ダザー・コリドーブラウフレンキッシュ Alc.13.3% エステート・ピノ・グリ '19Estate Pinot Gris '19ウィラメット・ヴァレー、ダンディ・ヒルズピノ・グリ Alc.13.4%シャルドネ '18Chardonnay '18ウィラメット・ヴァレー、ダンディ・ヒルズシャルドネ Alc.13.9% トゥルソー '19Trousseau '19ウィラメット・ヴァレー、ダンディ・ヒルズトゥルソー Alc.12.9% エステート・ピノ・ノワール '18Estate Pinot Noir '18ウィラメット・ヴァレー、ダンディ・ヒルズピノ・ノワール Alc.14.6%サムとシェリルが2002年にダンディー・ヒルズに自ら植え付けたパール・ヴィンヤード(デメター認証)のブドウから僅かな量で造られる。最初グラスから何層もの香りが放たれ、チェリー、ブルーベリー、カシスの果実に土、スパイス、スモークなどが複雑に絡み合う。緻密にエレガントで、熟したタンニンと美しい酸が果実の凝縮感にストラクチュアを与えている。[94pts Wine Advocate]ウィラメット・ヴァレーの名高い畑から、極少量のピノ・ノワールをリリースする、オレゴンでカルト的存在のワイナリー。2009年にチュヘイラム・マウンテウンズ、パットン・ヴァレーに新しいワイナリーが完成。深いガーネット色で、熟したチェリーの果実味にほのかなグリーンスパイスの風味が縁取る。2013年9月末の台風により、一部の畑でブドウは希薄を起こしたが、JKCでは厳しい選果を行うことで、健全なブドウを確保した。低いアルコール度においても、奥行きのある味わいとタンニンによる骨格がある。ヨハン・ヴィンヤーズはノルウェー人、ダグ・ヨハン・サンドビーがエオラ・アミティ・ヒルAVAの西、リッカーオールに2005年に興したワイナリー。35ヘクタールのバイオダイナミック認証の畑から、純粋性に富んだワインが造られる。年産3,000ケース。自生酵母による一次自然発酵が終わらないうちに、蔗糖・酵母を加えずに瓶内で炭酸ガスを閉じ込めたまま発酵を完結(アンセストラル方式)。自然に発生した柔らかな泡と果実の甘みが調和し、野生のベリー、スモモの果実に酵母成分が溶け込み、滑らかに喉を過ぎる。ノンフィルターで瓶詰めしているため、瓶底に濁りが残る。583ダース生産。リンゴ、柑橘の果実に果皮由来のフェノール香が混じるエキゾチックなアロマ。直接圧搾とスキンコンタクトしたワインを最終ブレンドすることで、フレッシュな酸とタンニンのストラクチュアが調和され、シュルリーによる重層的な複雑な味わいが醸し出されている。鮮やかな赤紫色のもと、チェリー、レッドベリーに甘草とほのかな胡椒の風味が縁取り、繊細な酸が舌を覆う。軽快なタンニンが鉄分を帯びた赤い果実に溶け込み、ミディアムボディで終始エレガントなまとまりがある。ヨハン・ヴィンヤーズはオレゴンでは数少ないブラウフレンキッシュの造り手。1965年にデイヴィッド・レットがダンディー・ヒルズに設立。ダンディー・ヒルズの4つの畑はすべて有機農法により栽培。"パパ・ピノ"亡き後、2005年から次男ジェイソンが栽培・醸造を指揮し、2012年から単一畑シリーズのピノ・ノワールがリリースされた。洋ナシ、柑橘系果実に春野菜の香りが縁取り、様々な梨の果汁とフェンネルの風味が口中に広がる。ドライで軽快でありながらも、後半から丸みを帯びたテクスチュアが広がり、酸と長い余韻がフォーカスされている。(5ページ参照)リンゴ、熟した洋梨にほのかにスパイスの風味が縁取り、ピュアなテクスチュアのもと、アーモンドとナッツの風味が余韻に伴う。主にデイヴィッド・レットがナパ・ヴァレーから優良な株の穂木をオレゴンへ持ち運んだドレイパー・セレクションのクローンから独特でユニークな味わいが醸し出される。[93pts Wine Advocate]鮮やかな赤紫色で、ダークベリー、粘土、ベーキングスパイスのアロマで、滑らかにスムーズな口当たり。ブラックベリー、ザクロ、ルバーブ、ハーブの風味を上品な酸が引き立て、抑えられたアルコール度のもと、細やかなタンニンが余韻まで伴う。トゥルソーは2012年にシスターズの畑に植えられ、2015年が初リリース。ダンディ・ヒルズにまたがる5つの自社畑のブドウを使用したエステート・シリーズ。2018年は新鮮なイチゴジャムを思わせる赤いベリーの風味にスパイシーさと土っぽさが重なり、焦点が合った一体感がある。きめ細やかなタンニンが伴う長い余韻があり、数年の熟成によるさらなるスケールの広がりが期待できる。J.K. Carriereジェイ・ケイ・キャリアーJohan Vineyardsヨハン・ヴィンヤーズThe Eyrie Vineyardsジ・アイリー・ヴィンヤーズ-52-

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る