2022_oroshi_spring_J
48/64

\9,000年・↑\5,800\7,000\10,000\6,000\4,20011710赤11253赤11200赤9409赤11915赤10850赤10849赤10848赤10847赤10630白10631赤カベルネ・ソーヴィニヨン (日本限定) '17Cabernet Sauvignon Limited Release for Japan '17ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン81.2%/カベルネ・フラン18%/メルロ0.8% Alc.15.1% マルベック '13Malbec '13ナパ・ヴァレーマルベック91.9%/カベルネ・フラン6.35%/メルロ1.75% Alc.15.8% カベルネ・フラン '14Cabernet Franc '14ナパ・ヴァレーカベルネ・フラン94.4%/マルベック5.4%/プティヴェルド2% Alc.14.9% カベルネ・フラン '07Cabernet Franc '07ナパ・ヴァレーカベルネ・フラン95%/カベルネ・ソーヴィニヨン3%/メルロ2% Alc.14.8% カベルネ・ソーヴィニヨン '17Cabernet Sauvignon '17ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン83%/カベルネ・フラン17% Alc.14.9%オーパス・ワン '14Opus One '14オーパス・ワン '13Opus One '13オーパス・ワン '12Opus One '12オーパス・ワン '10Opus One '10シャルドネ '15Chardonnay '15ソノマ、ルシアン・リヴァー・ヴァレーシャルドネ Alc.13.1% オールド・ヴァイン・カリニャン '14Old Vine Carignan '14メンドシノ・カウンティカリニャン100% Alc.13.0% 赤紫の果実とスミレのフローラルな香りに熟したプラムのアロマが感じられ、口に含むとしっかりとした酸が支柱となり、スタイリッシュなまとまりがある。空気に触れることで、濃く紫がかった果実が丸みを帯び、きめ細やかなタンニンがシームレスにシルキーなフィニッシュへと続く。しなやかさとみずみずしい果実の特徴が表現されたエレガントなカベルネで、熟成によりさらなる味わいの深まりが期待できる。日本向けに特別に造られたカベルネ。351ダース生産。濃厚な色調で、ブラックベリーのアロマにスミレと胡椒の香りが縁取り、凝縮した果実の香りがグラスから感じ取れる。魅力的なフローラルな香りが口内で渦を巻き、シルキーなテクスチュアのもと、自然な酸が余韻まで長く残る。力強よさと緻密さが均衡したバランスで、洗練された仕上がり。147ケース生産。深い紫色で、ダークブラックチェリー、ブラックペッパーにフローラルと土っぽさが重なり、重層的な香りが漂う。緻密で濃厚な果実味は滑らかにシルキーで、新樽由来のタンニンが全体をタイトに引き締めている。主に1979年にオーク・ノルの畑に植えられたフランから造られる。2007年はナパにおいて長く記憶に残る最高のヴィンテージ。イチジク、ブラウンシュガー、ミネラル、土など美しく熟成を経たアロマが魅力的に放たれ、落ち着いた果実のトーンが口内に優しく広がる。まだ凝縮した果実の片鱗が残り、深みとなって、洗練されたタンニンとともに重層的に広がる。ブルーベリー、ブラックベリー、チェリー、ザクロなどの熟したベリーのアロマに乾燥した土っぽいニュアンスが縁取り、しっかりとしたタンニンと心地よい酸味がバランスの芯となり、長い果実の余韻が残る。1979年にオーク・ノルに植えられた自社畑とカーネロス、ロス・アミガスにある自社畑のブドウを使用。約36ヶ月の熟成期間を経て、ノンフィルターでボトリング。生産量492ケース。(5ページ参照)1978年に設立のフィリップ・ド・ロッチルト男爵(シャトー・ムートン・ロートシルト)とロバート・モンダヴィの合弁事業。2人亡き後も「新世界」と「伝統産地」の組み合わせを貫き、最高品質・唯一無二のスタイルを追求。ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン80%/プティヴェルド7%/カベルネ・フラン6%/メルロ5%/マルベック2% Alc.14.7% ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン79%/カベルネ・フラン7%/メルロ6%/プティヴェルド6%/マルベック2% Alc.15.0% ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン79%/カベルネ・フラン7%/プティヴェルド6%/メルロ6%/マルベック2% Alc.14.8% ナパ・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン84%/メルロ5.5%/カベルネ・フラン5.5%/プティヴェルド4%/マルベック1% Alc.14.9% 1977年創業の家族経営ブティックワイナリー。ルシアン・リヴァー・ヴァレー、ウェストサイド・ロード沿いの斜面の畑から卓越したシャルドネとピノ・ノワールが造られる。2007年にデメター・バイオダイナミック認証を取得。スパイスがかったリンゴにほのかなスパイスの風味が重なり、切れのある酸と硬質なミネラル感が調和。純粋で、一貫してクリーンなテクスチャーが続き、最後にオリ由来の旨みが長く残る。ヒルサイドの自社畑とワイナリー近隣に位置する樹齢35年の契約畑のブドウを自然酵母で樽発酵させ造られる。鮮やかな赤紫色で、黒スグリ、プラム、チェリーのアロマにスパイスの風味が縁取り、華やかな香りが立つ。きめ細やかく、しなやかな口当たりのもと、シルキーに熟したタンニンのグリップが全体を引き締め、ミネラリーなフィニッシュが続く。1939年にメンドシノ・カウンティ内陸地に植えられた単一畑のブドウから低収量で造られる。\6,500OPENOPENOPENOPENOpus Oneオーパス・ワンPorter Creekポーター・クリーク-48-

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る