2023_oroshi_winter_J
43/72

\3,200\3,300年・↑\3,200\3,200\4,300\3,200\2,000\2,80012567白12688白12137白12250白12136白12650赤12566赤12134白12651赤リースリング S’20Riesling S’20ノース・カンタベリーリースリング Alc.14.1% 残糖19g/Lソーヴィニヨン・ブラン S’23Sauvignon Blanc S’23ノース・カンタベリーソーヴィニヨン・ブラン Alc.13.9% ピノ・グリ S’20Pinot Gris S’20ノース・カンタベリーピノ・グリ Alc.13.8% 残糖11.34g/Lゲヴュルツトラミネール S’20Gewurztraminer S’20ノース・カンタベリーゲヴュルツトラミネール Alc.15.6% シャルドネ S’21Chardonnay S’21ノース・カンタベリーシャルドネ Alc.14.7% ピノ・ノワール S’21Pinot Noir S’21サウス・アイランドピノ・ノワール Alc.14.3% メルロ・カベルネ S’19Merlot Cabernet S’19ノース・カンタベリーメルロ/カベルネ・ソーヴィニヨン/マルベック/カベルネ・フラン Alc.13.7% ME・ソーヴィニヨン・ブラン S’22ME Sauvignon Blanc S’22ワイララパソーヴィニヨン・ブラン Alc.12.9% ME・ピノ・ノワール S’21ME Pinot Noir S’21ワイララパピノ・ノワール Alc.13.8% ニュージーランドを代表するプレミアム・ワイナリー「ペガサス・ベイ」が手がける、ヴァリューワイン。「メイン・ディヴァイド」は南島を縦断するアルプス山脈の愛称で、冷涼でピュアな南島の産地特性を表現するワインという意味を込める。グレープフルーツ、ライムの皮、花梨にジャスミンやオレンジの花の香りが芳醇。リッチに豊潤な果実を溌溂とした酸とかすかな発泡の刺激が引き締め、ほのかな残糖が清らかさを引き立てる。ブドウは3月下旬、貴腐菌が付着してから収穫、フレッシュな風味を残すため、酸・糖分・アルコールのバランスが得られた時点で発酵を止め、ごくわずか発泡性を残して瓶詰め。[93pts Cameron Douglas MS]柑橘とトロピカルフルーツ、果樹園の果物の香りが芳醇に混じり合う。青りんごやスグリ、メロンのジューシーな果実に青草やハーブが伴い、鮮やかな酸とミネラルが全体をキリリと引き締める。ワイパラ・ヴァレーの自社畑で十分な糖度を得られるまでゆっくり成熟させたブドウを優しく圧搾し、フリーラン果汁を低温発酵。[91pts The Real Review]洋梨や花のアロマに完熟したネクタリン、赤リンゴ、ロックメロンが香り高く、ジューシー。厚みのある果実の層を快活な酸と繊細なフェノールがしなやかに覆い、キレのある余韻に続く。ワイパラ・ヴァレーの複数畑のブドウをブレンド、ステンレス槽で澱とともに短期間熟成。メロンやライチ、パイナップルなどのトロピカルなアロマをバラの花びら、シナモンのスパイスが彩る。口当たりは滑らかでほどよく厚みがあり、スキンコンタクトによる果皮由来のフェノールが骨格となり、オフドライの余韻をすっきりまとめる。破砕したブドウをしばらく果皮浸漬してから圧搾、果汁はオーク旧樽で自然発酵し、3ヶ月間熟成。[5 stars Michael Cooper]レモンや桃、オレンジの花の香りにほのかなオーク、ヘーゼルナッツが香ばしく、わずかにスモーキー。まろやかで厚みのある口当たりで、しなやかな酸とミネラルが全体を心地よくまとめる。優しく圧搾した果汁はそのままフレンチオーク大樽で自然発酵、澱とともに樽熟成。[90pts James Suckling]ザクロやクコの実の明るいアロマがバニラやラベンダー、土っぽくスモーキーな香りを複雑に伴ってゆっくり広がる。シルキーなタンニンに縁どられた豊かな果実味をしなやかな酸が引き締め、まろやかさと爽やかさが調和した長い余韻に続く。地域一帯複数の契約畑のブドウを自然発酵、フレンチオーク樽で18ヶ月間熟成(新樽20%)。ダークチェリー、プラム、黒スグリのアロマに、トリュフ、なめし皮、ミックススパイス、濡れた石が複雑に混じる。柔らかい口当たりで広がるメルロのふくよかな果実味をカベルネ由来の堅固なストラクチャーが支え、マルベックが味わいの奥行きと複雑さとなり長い余韻へと続く。ステンレスタンクで自然発酵後、フレンチオーク樽(新樽10%)で12ヶ月熟成。[90pts Wine Orbit]ワイララパは太古から形成された水はけの良い堆積土壌に恵まれ、19世紀入植と同時にブドウ栽培は行われたがワイン産業が開花するのは1970年代に入ってから。2002年設立のマタヒウィはマスタートンとグラッドストーン地区に広がる75haの畑から、手頃なワインを造る。ライムと熟した柑橘の爽快なアロマ、グーズベリーのジューシーな果実とクリーンな酸が心地よく口中を満たす。ワイララパの土壌のタイプが異なる2つの畑で低収量栽培されるブドウを低温でゆっくり発酵、ピュアな品種特徴を引き出している。ラズベリーやブラックベリー、プラムのアロマにハーブや土っぽいニュアンスが混じり、完熟チェリーの豊かな果実にチョコレートやスパイス、きめ細かなタンニンが滑らかに溶け込む。ワイララパ、マスタートン地区の自社畑で低収量栽培されたブドウをフレンチオーク旧樽で10ヶ月間熟成。[93pts Wine Orbit]\3,200Main Divideメイン・ディヴァイドMatahiwi Estateマタヒウィ・エステート-43-

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る