2022_oroshi_spring_J
40/64

\3,600\3,000\2,500\4,500\5,600\6,500\2,80011762赤11594赤11483赤11485白11484赤11670白10560赤11359白11662白ピノ・ノワール S'19Pinot Noir S'19ニュージーランドピノ・ノワール Alc.13.8% メルロ・カベルネ S'18Merlot Cabernet S'18ノース・カンタベリーメルロ50%/カベルネ・ソーヴィニヨン40%/マルベック10% Alc.14.2% ME・ピノ・ノワール S'19ME Pinot Noir S'19ワイララパピノ・ノワール100% Alc.13.5% リエゾン・シャルドネ S'19Liaison Chardonnay S'19ノース・カンタベリー、ワイパラ・ヴァレーシャルドネ100% Alc.13.4% リエゾン・ピノ・ノワール S'16Liaison Pinot Noir S'16ノース・カンタベリー、ワイパラ・ヴァレーピノ・ノワール100% Alc.13.9% シャルドネ S'15Chardonnay S'15ノース・カンタベリー、ワイパラ・ヴァレーシャルドネ100% Alc.13.8% ピノ・ノワール S'14Pinot Noir S'14ノース・カンタベリー、ワイパラ・ヴァレーピノ・ノワール Alc.13.8% ティリティリ・ソーヴィニヨン・ブラン S'19Tiritiri Sauvignon Blanc S'19ネルソンソーヴィニヨン・ブラン Alc.13.2% ティリティリ・ピノ・グリ S'20Tiritiri Pinot Gris S'20ネルソンピノ・グリ100% Alc.13.5% 残糖3.6g/Lラズベリー、チェリー、ザクロなど赤い果実のチャーミングな香りにマッシュルーム、なめし皮、バニラやイースト香が複雑に重なる。ふくよかで深みのある果実味はシルキーなタンニンに縁どられ、軽快な酸が心地よく引き締まった余韻に導く。地域一帯複数の契約畑のブドウを自然発酵、フレンチオーク樽で18ヶ月間熟成(新樽20%)。[93pts Wine Orbit]ブラックベリー、チェリー、プラムの黒い果実のアロマにチョコやバニラ、スモーキーな風味とスパイスが彩りを添え、口当たりはジューシーで滑らか。よく熟したタンニンが骨格となり、味わいをバランスよくまとめている。ステンレスタンクで自然発酵後、フレンチオーク樽(新樽10%)で18ヶ月熟成。[4 stars Michael Cooper's Buyer's Guide]マオリ語で「輝く水」と言う意味のワイララパは、北島最南端の太古から形成された水はけの良い堆積土壌に恵まれ、19世紀入植と同時にブドウ栽培がおこなわれた。質と価格のバランスがずば抜けた マタヒウィは2004年設立。チェリーとプラムのフレッシュで豊潤な果実に香ばしいオークとスパイスが伴う。自社畑の他、ワイララパ北部の複数の畑のブドウをフレンチオーク樽で6ヶ月間熟成。2019年はピノ・ノワールの生育に非常に適した天候の年で、軽やかながら食事によく合う、バランスのよいワインができた。[Gold, the New World Wine Awards]1991年にワイパラ・ヴァレーに設立されたブティック・ワイナリー。設立時から冷涼なテロワールを反映した高品質のシャルドネとピノ・ノワールが造られる。創業者が退いた後、2017年から同地域のコヤマ・ワインズの小山竜宇氏がワイナリー及び畑を統括。パッションフルーツや白桃の熟した果実と伸びやかな酸にバター風味のファッジやバニラの風味がコクと厚みを加え、クリーミーなテクスチャーで口内を心地良く満たす。自社畑の比較的若木のブドウを全房圧搾し、フレンチオーク樽で自然発酵。4ヶ月後にマロラクティック発酵が起こるまで、時折澱を攪拌。フレンチオーク旧樽で9ヶ月間熟成。チェリー、ラズベリーの赤い果実、甘草の風味がシルキーなタンニンとともにジューシーに広がる。自社畑の比較的若木のブドウを手摘みして除梗、開口式発酵槽で自然発酵。フレンチオーク旧樽で16ヶ月間熟成。ライチやネクタリン、黄桃のアロマで、トロピカルフルーツの果実を一貫してしなやかな酸が引き締め、ナッツの風味が味わいに複雑さと厚みを加える。平均樹齢24年のブドウを手摘みし、100%フレンチオーク樽で自然発酵、MLF。澱とともに12ヶ月間熟成後、さらにステンレスタンクで6ヶ月間熟成。プラムの果実に土、スモーク、なめし革など複雑な香りが立つ。チェリーの果実が清らかな酸に包まれ、終始エレガントにまとまっている。一部全房発酵させ、フレンチオーク樽で24ヶ月熟成。ネルソンのパイオニアで、今もアッパームーテリーから生み出される純度が高く緻密で奥深い広がりを持つノイドルフのワインは世界のワイン・プロフェッショナルを唸らせる。早期よりサステイナブル農法取り入れ、畑や自然環境に配慮したワイン造りを実践。グーズベリー、ハーブ、パイナップル、ゴールデンキウイにスパイシーで、ハーブの芳香な香り。フレッシュで活力のあるテクスチャーで、きめ細やかなオリの自己分解による旨みがあり、ほのかな生姜、トロピカルフルーツの花のアロマが果実とハーブの風味に溶け込み、適度な軽やかなさと余韻の長さがある。”tiritiri ”とはマオリ語で「共有」という意味。[94pts Bob Campbell MW ]マンゴーの豊潤な果実味を白胡椒やフレッシュハーブが彩り、豊かな酸が全体をまとめている。深みや粘性を感じさせるリッチさがありながら、長く続く余韻はクリーンでキレがある。アッパー・ムーテリーの契約畑のブドウを自然発酵(10%旧樽、90%ステンレスタンク)、無清澄で瓶詰め。\4,000\2,800Matahiwi Estateマタヒウィ・エステートMountford Estateマウントフォード・エステートNeudorfノイドルフ-40-

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る