2022_oroshi_spring_J
38/64

\2,500\2,500\2,500\2,500\2,650\2,800年\2,800年\3,200\3,500\3,50011349白11759白11647白11579ロゼ11207赤11872白11871白11735白11264赤9509発泡白リースリング S'17Riesling S'17マールボロリースリング Alc.10.9% 残糖8.33g/Lソーヴィニヨン・ブラン S'21Sauvignon Blanc S'21マールボロソーヴィニヨン・ブラン100% Alc.13.2% ゲヴュルツトラミネール S'18Gewurztraminer S'18マールボロゲヴュルツトラミネール Alc.13.8% ピンク・ピノ S'20Pink Pinot S'20マールボロピノ・ノワール75%/ピノ・グリ10%/ソーヴィニヨン・ブラン8%/リースリング7% Alc.12.9% 白ラベル・ピノ・ノワール S'18White Label Pinot Noir S'18マールボロピノ・ノワール Alc.13.2% リザーヴ・ソーヴィニヨン・ブラン S'21Reserve Sauvignon Blanc S'21マールボロソーヴィニヨン・ブラン100% Alc.13.5% リザーヴ・ピノ・グリ S'20Reserve Pinot Gris S'20マールボロピノ・グリ97%/ゲヴュルツトラミネール3% Alc.12.9% 残糖5.97g/Lリザーヴ・シャルドネ S'20Reserve Chardonnay S'20マールボロシャルドネ100% Alc.14.2% リザーヴ・ピノ・ノワール S'17Reserve Pinot Noir S'17マールボロピノ・ノワール Alc.13.8% IQ・プレミアム・ブリュット・メトード・トラディショネル NVIQ Premium Brut Methode Traditionnelle NVホークス・ベイピノ・ノワール64%/シャルドネ22%/ピノ・ムニエ14% Alc.11.8% 残糖7.40g/L栽培農家ローソン夫妻とレストラン・オーナーティム・エヴィルが1992年にマールボロに興したワイナリー。ワイラウ、ワイホパイ、オマカ、アワテレ・ヴァレー地区に40haの自社畑を所有。ローソンズ夫妻の死去・引退などにより、2018年より現在ティム・エヴィル夫妻が経営。ライムの皮、オレンジの花、白桃にほのかな蜂蜜の風味があり芳香なアロマ。溌剌とした口当たりで、ドライな味わいが食欲をそそり、しっかりとした酸がほのかな甘みのバランスを整えている。[Gold, New Zealand International Wine Show 2019]豊潤なトロピカルフルーツに繊細な花の香りとフレッシュなグリーンハーブが混じり、マールボロ・ソーヴィニヨン・ブランの典型的な特徴が備わる。清らかな酸とともに瑞々しい果実が口中に広がり、余韻はドライ。11℃~13℃の低温で3週間かけて発酵(5%は旧樽で自然発酵)し、澱を攪拌しながら3ヶ月間熟成。[Gold, New World Wine Awards Competition 2021]ゲヴェルツトラミネールらしい鮮烈なライチや柑橘、バラの花びらに続いて充実したトロピカルフルーツの果実が口中を満たし、快活なレモンの風味が味わいを引き締める。1981年植え付け(ワイナリーの創設者ロス&バーバラ・ローソンが最初に植えたブロック)のブドウを95%用い、5%はフレンチオーク旧樽で自然発酵。[Alternative White wine of the Year, the Winestate Wine of the Year Awards 2020]ベリーや柑橘の白い花が魅力的に香り、豊潤でフレッシュな果実をほどよい酸とほのかなミネラルが縁取る辛口ロゼ。海岸からほど近い砂利質土壌で栽培されるミネラル感豊かなピノ・ノワールに、白のアロマティック品種をブレンドすることで風味とテクスチャーを加えている。ラベルのモチーフは曼荼羅。[Gold, NZ International Wine Show]透明感のある色調でイチゴ、ラズベリー、スモーキーなバニラオークのフレーバーが縁取る。 熟したベリーが柔らかい質感と絹のようなタンニンに調和し、ソフトでエレガントな仕上がり。パッションフルーツやライム、メロンにハーブや華やかなフローラル香が伴う。瑞々しく豊かな果実に樽由来の風味がバランスをなし、余韻はミネラリー。3つの畑の樹齢10-18年のブドウを10%樽発酵、澱を攪拌しながら4ヶ月間熟成。[Gold, New World Wine Awards 2021]レモンや蜂蜜とスイカズラの芳醇なアロマ。レモンの風味を核にリンゴや洋梨の豊かな果実が滑らかに調和、柑橘の爽やかな酸を伴ってまとまりのある余韻に続く。発酵後、ステンレスタンクで澱とともに熟成し、ほどよいボディと豊かなストラクチャーを加えている。レモンの皮や蜜ろうに、オーク樽由来の香ばしくスモーキーな香りが豊かに混じる。柑橘の果実にバタートーストの風味、穏やかな酸がまろやかに調和し、適度なふくよかさとエレガントさを兼ね備えたシャルドネ。自然発酵したブドウをフレンチオーク樽で10ヶ月間熟成(新樽22%)。黒い果実に香ばしい林床のニュアンスが複雑に混じり、チャーミングな果実の風味が柔らかく滑らかなテクスチャーとともに豊かに口中を満たす。フレンチオーク樽(新樽25%)で10か月間熟成。[Gold, Marlborough Wine Show 2019 ]レヴレットは、フランス語で野ウサギを意味し、ロゴに描かれた3匹は畑、醸造、流通というワイナリーの3つの柱を象徴。またこのモチーフは、スーパープレミアムワイン「コニーリオ」の流れを汲むブランドの証。ホークス・ベイの良質ブドウからスティルワインと瓶内二次発酵のスパークリングを造る。ホークス・ベイ形成に大きな影響を与えたナルロロ川上流の水捌けのよい土壌と冷涼な気候がもたらすスパークリング。きめ細かく爽やかな泡立ちで、ナッツ、イースト、マッシュルームの複雑なアロマ、シトラス、ピーチなどの上品な果実と充実した質感。ピノ・ノワールが半分とシャルドネに少量のピノ・ムニエとバランスよいアッサンブラージュ。Lawson's Dry Hillsローソンズ・ドライヒルズLeveretレヴレット-38-

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る