2023_oroshi_winter_J
36/72

\5,000年・↑\4,800\3,300\3,300\2,700\3,300年・↑\5,200\4,200\4,50012670白1265412671赤12456白12284赤12641ロゼ12672白12282白12285赤12117白オレンジファンキー&フィアレス・シュナン・ブラン S’22Funky & Fearless Chenin Blanc S’22西豪州スワン・ヴァレーシュナン・ブラン Alc.13.5% ディファレント・スキンズ・フロンティニャック・ ゲヴュルツトラミネール S’22Different Skins Frontignac Gewurtztraminer S’22西豪州スワン・ヴァレー&パース・ヒルズフロンティニャック53%/ゲヴュルツトラミネール47% Alc.12.5% ポスト・モダン・シリアシズム・グルナッシュ S’22Post Modern Seriousism Grenache S’22西豪州スワン・ヴァレーグルナッシュ Alc.13.5% コースタル・シャルドネ S’22Coastal Chardonnay S’22西豪州マーガレット・リヴァーシャルドネ100% Alc.12.7% ガート・バイ・シー・カベルネ・メルロ S’20Girt By Sea Cabernet Merlot S’20西豪州マーガレット・リヴァーカベルネ・ソーヴィニヨン68%/メルロ30%/マルベック1%/カベルネ・フラン1% Alc.14.2% ロゼ S’22Rose S’22西豪州マーガレット・リヴァーシラーズ/テンプラニーリョ/メルロ/ヴィオニエ/ソーヴィニヨン・グリ Alc.13.2% シュナン・ブラン S’23Chenin Blanc S’23西豪州マーガレット・リヴァーシュナン・ブラン100% Alc.13.8% シャルドネ S’20Chardonnay S’20西豪州マーガレット・リヴァーシャルドネ100% Alc.13.8% シラーズ S’18Shiraz S’18西豪州マーガレット・リヴァーシラーズ99%/ヴィオニエ1% Alc.14.0% シャルドネ S’21Chardonnay S’21ヴィクトリア州ヤラ・ヴァレーシャルドネ Alc.12.3% SO2使用を最小限で仕込んだ”ファンキーで恐れを知らない(funky&fearless)”シュナン・ブラン。パッションフルーツと柑橘の皮の風味を核に、レモンジャムの滑らかで躍動的な味わいを豊富な酸がキリリと引き締める。アッパー・スワンに位置する樹齢25年以上の単一畑ブドウを旧樽で自然発酵、澱をかき混ぜながら熟成。北イタリアのオレンジワインにインスピレーションを得て仕込んだスキンコンタクトによる風味豊かなワイン。柑橘、トロピカルフルーツにトルコの砂糖菓子(ターキッシュデライト)が華やかに香り、伸びやかな酸と香ばしい風味が果実の旨みとともに舌を覆う。ほんのりビターで収斂性のある余韻が長く続く。ブドウはそれぞれ果皮浸漬し3週間自然発酵、オーク旧樽で8ヶ月間熟成。コーヒーロックと呼ばれる赤茶けた岩盤土壌の無灌漑畑のブドウは樹齢60年以上の株仕立て。野イチゴ、ラズベリー、サワーチェリーなど赤い果実にフローラル香とかすかなドライハーブが混じる。瑞々しい果実味をキレのある酸と自然で適度なタンニンが支え、古木グルナッシュの風味をピュアに表現。一部を全房で自然発酵、果皮浸漬期間を長めに取り、旧樽で熟成。SO2の使用は最小限。[Best Swan Valley Wine, WA Good Food Guide 2023 Wine Awards]酒類は嗜まないものの栽培に多大な関心を持つ大富豪マイケル・ライトは1991年、ルーウィン・エステートに隣接する1978年植樹の畑を買収し、以降、緻密な土壌調査に基づき畑を拡張。栽培にも細心の注意を払いオーガニック栽培を徹底する。細部へのこだわりにより建設が大幅に遅れたセラードアは高評価のレストランを併設。新鮮な柑橘や白い花のアロマにヌガーが香ばしく、適度なボディとともに明るく純粋な果実味と自然な酸が口中を満たす。インド洋沿岸近く、涼しい海風が吹く畑のブドウをフレンチオークのパンチョン樽発酵、澱をかき混ぜながら7ヶ月間樽熟成(新樽10%)。「ガート・バイ・シー」シリーズが2021年から名称変更。赤、青、黒のベリーのアロマにローリエやシダが香り、ほどよいボリュームの果実に溶け込むタンニンが全体をしなやかに支える。果実は除梗後、破砕せずにコンクリート発酵槽で発酵、フレンチオーク樽で12ヶ月間熟成。「ガート・バイ・シー(海に囲まれた)」の名は、インド洋沿岸にほど近い畑のブドウから造られることにちなむ。イチゴやラズベリーの軽快な香りにかすかなタールが複雑さを加える。夏のベリーを思わせるジューシーな果実と溌溂とした酸が口中を満たし、余韻はミネラリー。赤3品種のフリーラン果汁にヴィオニエとソーヴィニヨン・グリの果汁をブレンドして低温発酵、テクスチャーと芳香性を引き出している。マーガレット・リヴァーで最も古いシュナン・ブランの畑から。スイカズラ、カリンやりんごにラベンダーやムスクの華やかなアロマ。一部樽発酵によるなめらかな舌触りとともにドライアプリコットやカリンの皮の膨らみある果実が広がり、余韻はミネラリー。ブドウの一部は1978年植え付けで有機栽培、30%をフレンチオーク旧樽発酵。弾けるようなグレープフルーツ、ネクタリンのアロマに樽の風味が香ばしい。レモンやグレープフルーツの皮、核果のふくよかで活力ある果実が重層的に舌を覆い、余韻に伴うクリーンなミネラルが全体を優雅にまとめる。手摘みブドウを全房圧搾しフレンチオーク樽で自然発酵、定期的にオリを撹拌しながら9ヶ月間熟成。ブラックベリー、チェリーや桑の実をシダやスパイス、土っぽさが縁取り、凝縮した豊かな果実の風味を充実したタンニンがほどよく引き締める。自社畑のなかでとりわけ砂利を多く含み水捌けのよい4つの区画のブドウをフレンチオーク樽とハンガリアンオーク樽で12ヶ月間熟成(新樽率34%)。ヤラ・イエリングが設立された翌年の1970年、隣接する北向き斜面に拓かれた畑で、長年、無灌漑で丁寧に手入れをされる。2011年にヤラ・イエリングが取得後も、ヤラ・イエリングとは別に、ワラメイト・ワインとしてその特徴をヤラ・イエリング醸造家サラ・クロウが表現する。フレッシュなグレープフルーツやメロンの風味を冷涼年を反映した牡蠣殻のミネラルと明るい酸が引き締める。樽発酵およびマロラクティック発酵によって厚みと質感を引き出し、長い余韻は爽やか。ヤラ・イエリングに隣接する北向き斜面、無灌漑畑のブドウを全房圧搾。固形果実が少量残る果汁をフレンチオーク樽発酵、9ヶ月間熟成。\4,500年Voyager Estateボエジャー・エステートWarramateワラメイト-36-

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る