2022_oroshi_spring_J
36/64

\3,200\4,300\4,300\5,600\6,560\6,500\6,500\7,20011427赤11430赤11493白11492白11498白10045白11499白11500白11497赤ピノ・ノワール S'19Pinot Noir S'19マールボロピノ・ノワール100% Alc.13.1% ピノ・ノワール S'19Pinot Noir S'19セントラル・オタゴピノ・ノワール100% Alc.13.7% リースリング・バノックバーン S'20Riesling Bannockburn S'20セントラル・オタゴリースリング100% Alc.9.4% 残糖56.0g/Lドライ・リースリング S'20Dry Riesling S'20セントラル・オタゴリースリング100% Alc.12.1% 残糖6.53g/Lリースリング・ブロック1 S'20Riesling Block 1 S'20セントラル・オタゴリースリング100% Alc.9.2% 残糖69.0g/Lシャルドネ・バノックバーン S'15Chardonnay Bannockburn S'15セントラル・オタゴシャルドネ100% Alc.14.0% シャルドネ・ブロック2 S'19Chardonnay Block 2 S'19セントラル・オタゴシャルドネ Alc.13.5% シャルドネ・ブロック6 S'19Chardonnay Block 6 S'19セントラル・オタゴシャルドネ Alc.13.8% ピノ・ノワール・バノックバーン S'19Pinot Noir Bannockburn S'19セントラル・オタゴピノ・ノワール Alc.13.8% マールボロのワイホパイ・ヴァレーに広大な畑を所有し、リーズナブルな価格でバランスのよいワインを手掛ける。カタリナ・サウンズの名は、南太平洋上の海上事故や遭難の救援救助にあたる飛行艇カタリナに由来し、そのスポンサーになっている。野イチゴ、レッドチェリーの熟した赤い果実にスパイスの風味が縁取り、ストラクチャーを感じさせるしっかりとしたタンニンが豊潤な味わいを引き締めている。マールボローの2つの異なる地区のブドウをブレンドし、10%を全房発酵、フレンチオーク樽(新樽10%)で10ヶ月間熟成。セントラル・オタゴ、マウント・エドワードのダンカン・フォーサイスが手掛けるブランド。バノックバーン地区のピノ・ノワールからピュアで、フレッシュな果実を表現。ラベルにはマオリ族の神聖な踊り「ハカ」の1つである「カマテ」が図解されている。赤いベリーの果実は爽やかな酸と柔らかいタンニンに覆われ、早くからバランスよく楽しめる味わい。ロー・バーン地区にある自社畑、モリソン・ヴィンヤードの比較的若樹のブドウを自然発酵、フレンチオーク樽で11ヶ月熟成(新樽15%)。ラベルにはマオリ族の神聖な踊り「ハカ」の1つである「カマテ」が図解されている。初リリースの1997年ピノ・ノワールでセントラル・オタゴに世界の注目を集めたパイオニア。早期よりバイオダイナミック農法、重力に配慮した醸造所設計、天然酵母による発酵など、人的介入を最小限に抑える手法でニュージーランドTOP”5”に列する。柑橘の皮と生姜に続いて熟したストーンフルーツ、マンダリンオレンジの風味がジューシーに広がり、自然の酸が全体をすっきりと引き締める。低アルコール度のもと豊かな風味と純粋な果実が美しく調和するオフドライ・スタイル。エルムズ・ヴィンヤードブロック2と4のブドウを手摘みして3週間自然発酵、酸とアルコール、残糖のバランスを見て発酵を止める。白い花、洋梨やレモンの皮の香りに砕いた石のニュアンスが混じる。輪郭のはっきりした表情豊かなドライリースリングで、果実の力強さと深み、伸びのある酸が美しく調和。2020年は収穫前の3月がこれまでで最も冷涼となり、ブドウは果房、果粒ともに小さめで成熟期間が長かったことによる凝縮した風味と生き生きとした酸を備えた。[94pts James Suckling]トロピカルフルーツ、プルメリアの花、生姜などのアロマがエキゾチックに華やかで、豊富な果実はまるで樹上で完熟した上質なネクタリンをかじったよう。溌剌としなやかな酸が長期熟成のポテンシャルを示している。エルムズ・ヴィンヤード単一区画のブドウを手摘みして4週間自然発酵、酸とアルコール、残糖のバランスを見て発酵を停止。[97pts James Suckling]白い桃、砕いたアーモンド、オレンジの花のアロマが香り立つ。 クリーミーで芳醇な質感をきれいな酸味が縁取り、フレッシュ。フィニッシュに再びアーモンドのナッティな風味が戻り、ミネラル感が複雑味となって続く。 [92pts Wine Advocate]白い花、青肉メロンに砕いた貝殻やミネラルが伴い、繊細で複雑。果実を貫くピンと張り詰めた酸と塩味を帯びたミネラルはあくまでも純粋で、シスト土壌で育まれた高樹齢のシャルドネから生まれる余韻は精緻で非常に長い。1992年に植え付けたエルムズ・ヴィンヤードの単一区画ブドウをフレンチオーク樽旧樽で自然発酵、16ヶ月間熟成。[18.5/20pts JoelleThomson.com]レモンの花、白桃に砕いた岩塩のニュアンスが伴い、ブロック2に比べ豊潤、丸みのあるストーンフルーツの果実が特徴で、豊かな酸が爽やかな余韻に導く。ブロック6はフェルトン・ロードのトップ・ピノが生まれるブロック5の南に隣接、標高約282-300mの日当たりのよい北向きの斜面で、手摘みしたブドウをフレンチオーク旧樽で自然発酵、16ヶ月間熟成。[17.5/20pts JoelleThomson.com]しっかり熟したラズベリー、森の下草にほのかに杉が香り、凝縮した果実の風味にきめ細かく丸みを帯びたタンニンが滑らかに溶け込んでいる。例年よりも夏の気温が高かった年で、小粒で果皮が厚く種まで十分に熟したブドウが収穫できた。バイオダイナミック栽培の4つの自社畑のブドウを手摘みし、自然発酵(20%全房)、フレンチオーク樽で13ヶ月間熟成。[96pts The Real Review]\4,200Catalina Soundsカタリナ・サウンズEarth's End アース・エンドFelton Roadフェルトン・ロード-36-

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る