2023_oroshi_winter_J
27/72

\2,600年・↑\3,000\3,850\4,200\3,850赤赤\3,500\1,800年\1,80012758白12585赤12583白125861258712581白12582赤12665白12315白12709ロゼセミヨン S’23Semillon S’23シラーズ S’21Shiraz S’21ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーシラーズ Alc.13.1% ホワイトラベル・フォードウィッチ・ヒル・セミヨン S’21レモングラスやライムの皮が爽快に香り、軽やかな口当たりとともに高揚感ある酸と瑞々しい柑橘が口中を満たす。フォードウィッチ・シル土壌White Label Fordwich Hill Semillon S’21(風化した火山性赤土)に1960年代後半に植えられたブドウを糖度が上がニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーりきらない早いうちに手摘みし、低温発酵。澱との接触を避け早めに瓶詰セミヨン Alc.12.2% め。この土壌のブドウはハンターセミヨンの中でも特に若いうちから柔らかくふくよかな果実味を楽しめる。[95pts Ned Goodwin MW]ホワイトラベル・サクソンヴェイル・シラーズ・ ムールヴェードル S’21White Label Saxonvale Shiraz Mourvedre S’21ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーシラーズ85%/ムールヴェードル15% Alc.13.2% ホワイトラベル・ティンバーヴァインズ・ テンプラニーリョ・グラシアーノ・シラーズ S’21White Label Timbervines Tempranillo Graciano Shiraz S’21ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーテンプラニーリョ/グラシアーノ/シラーズ Alc.13.4% ブレイキング・グラウンド・アルバリーニョ S’22Breaking Ground Albarino S’22ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーアルバリーニョ Alc.12.5% ブレイキング・グラウンド・バルベーラ S’22Breaking Ground Barbera S’22ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーバルベーラ Alc.13.0% ソーヴィニヨン・ブラン S’23Sauvignon Blanc S’23南豪州アデレード・ヒルズソーヴィニヨン・ブラン Alc.11.6% シャルドネ S’22Chardonnay S’22南豪州アデレード・ヒルズシャルドネ100% Alc.13.3% ロゼ S’23Rose S’23南豪州アデレード・ヒルズピノ・ノワール Alc.12.6% ハンター・ヴァレーのティレルズとフランス各地での醸造経験に基づき、栽培・醸造・環境の関連性を意識した独自のワイン造りに取り組む。1996年が初リリースで、現在はハンター・ヴァレーのサブ・リージョン、ブローク・フォードウィッチに4つの畑、計100haのオーガニック&サステイナブルの畑を持つ。それぞれの畑の特徴を生かした高品質の単一畑ワインにこだわり、併設のセラードアも高評価。ニュー・サウス・ウェールズ州ハンター・ヴァレーセミヨン Alc.12.4% ブルーベリーやスミレにかすかなタバコ葉の香り。鮮やかな森のベリーやカシス、プラムの風味に白胡椒のタッチ。清らかな酸が自然な果実の風味と複雑さを際立たせ、余韻はリッチに優雅。火山性赤土の自社畑ブドウをフレンチオーク旧樽で18ヶ月間熟成。2021年は穏やかな天候が続いてブドウはゆっくり熟し、豊かな酸味と風味を蓄えた。桑の実や黒スグリのアロマに続いて、きめ細かいタンニンに縁どられた森の果実やココアが豊潤。フルボディのハンター・ヴァレー・シラーズをムールヴェードルが軽快に彩る。1960年代に植え付けたシラーズとムールヴェードル混植の畑で晩熟のムールヴェードルの成熟を待ってシラーズも同時に収穫し、混醸したフィールドブレンド。フレンチオーク樽で12ヶ月間熟成。[95pts James Halliday]テンプラニーリョの豊かな果実味にグラシアーノのフローラルな香りと酸が伸びやかに伴い、シラーズのほどよいタンニンが全体をバランスよくまとめる。風化した火山性赤土の畑で混植栽培される3品種を同時に収穫し、混醸したフィールドブレンド。フレンチおよびアメリカンオーク樽で12ヶ月間熟成。スペイン、リオハワインに触発されて造り始めた。[95pts James Halliday]新鮮なストーンフルーツにグレープフルーツオイルの香り。明るい酸を伴った立体感ある果実味を桃の皮やアプリコットオイルのかすかな苦みと塩っぽさが引き立てる。自社畑での収穫は2度に分け、早摘み分は全房圧搾後、コンクリートとフレンチオーク旧樽(500L)で発酵。遅摘みしたものは果皮浸漬し、7日間発酵。ブレンドして澱とともに4ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。無濾過のため瓶内に少量の澱がみられる場合があります。[93pts The Wine Front]紫の果実のアロマに火打石のニュアンスがかすかに混じる。ジューシーな果実の風味を鮮烈な酸とグリップあるタンニンが引き締める。早摘みしたブドウを15%全房で自然発酵、フレンチオーク旧樽で6ヶ月間熟成し無濾過で瓶詰め。ブドウは1998年植え付け、火山性の赤土に砂が多く混じる区画で実は小さく低収量。[92pts The Wine Front]プレミアム産地アデレードヒルズで自社ワインを手ごろな価格で販売し、愛されるブランドへと成長。オーナー醸造家のマイク・プレスは、大手会社の醸造家を退職した後、1998年に会社を設立。大手メーカーへの高品質ブドウ販売を手がけた後、自らのラベルを興す。柑橘やキウイの青みを帯びた香りが爽快で、ピュアな果実と豊富な酸が調和しながら口中を満たし、フィニッシュは清々しくクリーン。冷涼なアデレード・ヒルズの自社単一畑ブドウは2004年に植え付け、10-15℃の低温で時間をかけて発酵。グレープフルーツ、メロン、リンゴやネクタリンの芳醇なアロマで、ほのかに青みがかったストーンフルーツの果実味をキレのある酸が貫き、余韻はミネラリーでドライ。アデレード・ヒルズの樹齢21年となる自社単一畑ブドウを低温発酵、澱とともに熟成して瓶詰め。新鮮なイチゴやサクランボを中心とする果実味はフルーツサラダのように表情豊かで、ピュアな酸とかすかな苦みを伴う旨みが味わいのバランスをとり、フィニッシュはすっきりとドライ。アデレード・ヒルズのなかでも冷涼な高地(標高500m)に位置する自社単一畑ピノ・ノワールを低温発酵、ステンレス槽で数ヶ月熟成。\3,500\1,800年MarganマーガンMike Press Winesマイク・プレス・ワインズ-27-

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る