2023_oroshi_winter_J
25/72

\3,400\3,400\3,400\4,500\4,800年\9,000\5,600\6,300\8,600\10,000白12438白11606赤12439赤1210812707赤12318赤12308白12310白12309白11546赤シャルドネ S’22Chardonnay S’22西豪州フランクランド・リヴァーシャルドネ100% Alc.13.0% シラーズ S’18Shiraz S’18西豪州フランクランド・リヴァーシラーズ93.4%/トウリガ・ナショナル3.7%/ムールヴェードル1.3%/マルサンヌ1.2%/マルベック0.4% Alc.14.4% カベルネ・ソーヴィニヨン S’21Cabernet Sauvignon S’21西豪州フランクランド・リヴァーカベルネ・ソーヴィニヨン88%/マルベック6%/カベルネ・フラン6% Alc.14.2% アイソレーション・リッジ・ヴィンヤード・ リースリング S’21Isolation Ridge Vineyard Riesling S’21西豪州フランクランド・リヴァーリースリング100% Alc.13.7% 残糖8.1g/Lアイソレーション・リッジ・ヴィンヤード・シラー S’21完熟果実にさまざまなスパイスや土っぽさが滑らかに調和。しなやかな酸と緻密で鉄を帯びたタンニンが骨格となり、ほどよいボディをバランIsolation Ridge Vineyard Syrah S’21スよく支える。有機栽培自社単一畑の特定の3区画のブドウを20%全房発西豪州フランクランド・リヴァー酵、3,500Lのフレンチオーク大樽と500Lパンチョン樽で14ヶ月間熟成。シラーズ94%/ヴィオニエ4%/ムールヴェードル2% 2021年は収穫が例年より遅く、果実はスパイシーな風味を十分に湛えたAlc.14.3% 素晴らしい年。[97pts Winepilot]オルモズ・リウォード S’19Olmo’s Reward S’19西豪州フランクランド・リヴァーカベルネ・フラン67%/マルベック17%/カベルネ・ソーヴィニヨン13%/メルロ3% Alc.14.3% アーリア・リースリング S’22Alea Riesling S’22南豪州クレア・ヴァレーリースリング Alc.12.9% 残糖8.7g/Lスプリングヴェイル・リースリング S’22Springvale Riesling S’22南豪州クレア・ヴァレーリースリング Alc.13.2% 残糖3.1g/Lポーリシュヒル・リースリング S’22Polish Hill Riesling S’22南豪州クレア・ヴァレーリースリング Alc.12.7% 残糖1g/Lガイア S’17Gaia S’17南豪州クレア・ヴァレーカベルネ・ソーヴィニヨン77%/カベルネ・フラン23% Alc.14.2% 白い花、マーマレード、白桃にアーモンドや白茶の芳醇な香り。口当たりは滑らかで、ネクタリンや白桃の果実にレモンの皮、牡蠣殻、オークの風味が均衡し、エレガントにまとまりがある。無灌漑の自社単一畑アイソレーション・リッジ・ヴィンヤードの3つの区画で有機栽培されるブドウをフレンチオーク大樽(500L)で自然発酵、澱とともに8ヶ月間熟成(新樽25%)。花やスパイスの深みのあるアロマが優雅に香り、プラムやカシスの鮮やかな果実にはスパイスや鉄分を感じるミネラルが溶けこみ、清涼感のある長い余韻に続く。1988年に植え付けた3種類のクローンのシラーズに少量ずつ4品種をブレンドし、フレンチオーク大樽(500L)とステンレスタンクで14ヶ月間熟成。[95pts James Halliday]桑の実、木苺、スグリのアロマにイタリアンハーブやバラが複雑に重なる。プラム、カシスの豊かな果実味は緻密なタンニンに支えられ、滑らかに長い余韻に続く。1988年のワイナリー設立時、最初に開墾した単一畑アイソレーション・リッジ・ヴィンヤード(有機認証)3つの区画のブドウをフレンチオークパンチョン樽(500L)で熟成。ライム、トロピカルフルーツにアジアンスパイスやグリーンティが快活に香る。テンションある酸に支えられたライムの果実に続いて梨の風味が現れ、微かな塩味が複雑に引き締まった余韻を残す。ブドウは全房圧搾、ステンレス槽で8週間かけて低温発酵後フレンチオーク旧樽で10ヶ月間熟成。この畑のリースリングは10年ぶりの入荷。[97pts James Halliday]カベルネ・フランを主体とする香り高いボルドーブレンド。フレッシュな赤い果実にバニラや杉、ドライハーブなどが複雑に香り、すっきりとした酸に支えられた凝縮感のある果実に土っぽさやかすかな塩味が重層的に畳みかけ、全体を優雅にまとめ上げる。無灌漑畑のカベルネ・フラン主体、フレンチオーク大樽で15ヶ月間熟成。1981年設立。リースリングの世界トップ生産者に並び称せられているオーナー醸造家のジェフリー・グロセット。クレア・ヴァレーの畑違いのリースリング以外に、標高の高い単一畑「ガイア」で造るボルドー・ブレンドも長期瓶熟成により風味が優雅に開く。柑橘の清らかなアロマに続いて、凝縮した果実の力強い風味をチョーキーなミネラルが引き締め、長くドライな余韻に導く。標高460m、痩せたスレート岩盤土壌の単一畑ロックウッド・ヴィンヤードのブドウを手摘み、澱とともに熟成。無濾過・無清澄。「アーリア」の名は知恵・精神・農業などを司るギリシャの神に由来。[95pts James Halliday]ライムやレモングラスの穏やかな香りに続いて、適度に厚みのある鮮やかな柑橘の果実味がテンションある酸を伴って口中を満たす。6haの単一畑スプリング・ヴェイル・ヴィンヤードの微気候はとりわけ冷涼で、超低収量栽培により、1房平均150gと極めて小ぶりで凝縮した果実が実る。手摘みブドウのフリーラン果汁のみを低温発酵、澱とともに2-3週間熟成。[95pts James Halliday]ライムジュースの力強いアロマに鮮烈なレモングラスとライムの風味が続き、引き締まった酸が一貫してしなやかに支える。フィニッシュは極めてドライ。ポーリシュヒルの単一畑は固い岩盤質で根を深く張ることができないため、ブドウは小粒で房も小さく、樹1株の収量はわずかワイン2本分。2022年の生育期は乾燥して穏やかな晴天が続き、収穫は近年としては遅くなった。[98pts James Suckling]ブラックチェリー、黒スグリのアロマが際立ち、しなやかな骨格に支られた味わいは洗練され、極めてドライな余韻まで一貫して抑制的に力強い。クレア・ヴァレーで最も高標高(570m)に位置するガイア・ヴィンヤードの低収量栽培ブドウを手摘み、フレンチオーク樽で18ヶ月間熟成。2017年は静謐さと鋭さを持ち合わせている。[96pts James Halliday]Grossetグロセット-25-

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る