2023_oroshi_winter_J
21/72

\1,700\2,500年・↑\2,200\2,350\2,200\2,500\2,500\2,800\2,500\2,980\3,300年・↑\3,50011794赤12714白12513白11737白12515白12551赤12512赤12645赤12589赤11938白12697赤12514赤ザ・スタンプジャンプ・レッド S’18The Stump Jump Red S’18ドライ・ダム・リースリング S’23Dry Dam Riesling S’23南豪州マクラーレン・ヴェイル&アデレード・ヒルズリースリング100% Alc.10.1% 残糖14g/Lハーミット・クラブ・ヴィオニエ・マルサンヌ S’22Hermit Crab Viognier Marsanne S’22南豪州マクラーレン・ヴェイルヴィオニエ61%/マルサンヌ39% Alc.14.1% マネースパイダー・ルーサンヌ S’21Money Spider Roussanne S’21南豪州マクラーレン・ヴェイルルーサンヌ100% Alc.13.5% オリーブ・グローブ・シャルドネ S’22Olive Grove Chardonnay S’22南豪州マクラーレン・ヴェイル&アデレード・ヒルズシャルドネ100% Alc.13.1% ダリーズ・オリジナル・グルナッシュ・シラーズ S’20チェリー、プラム、いちご、プロヴァンスハーブの風味が層をなし、豊潤な果実に溶け込むきめ細かいタンニンが長く香ばしい余韻に導く。5tの伝d’Arry’s Original Grenache Shiraz S’20統的なコンクリート製開口槽で発酵。バスケットプレス圧搾し、澱ととも南豪州マクラーレン・ヴェイルにフレンチオーク小樽(一部新樽)に移行、20-21ヶ月間樽熟成。無濾過、無グルナッシュ65%/シラーズ35% Alc.14.9% 清澄。半世紀に亘って造られるブレンドで、3代目ダリー・オズボーンを称える名前。[Gold, The New Zealand International Wine Show]フットボルト・シラーズ S’21Footbolt Shiraz S’21南豪州マクラーレン・ヴェイルシラーズ100% Alc.14.9% カストディアン・グルナッシュ S’20Custodian Grenache S’20南豪州マクラーレン・ヴェイルグルナッシュ100% Alc.15.0% ハイ・トレリス・カベルネ・ソーヴィニヨン S’20High Trellis Cabernet Sauvignon S’20南豪州マクラーレン・ヴェイルカベルネ・ソーヴィニヨン100% Alc.15.0% ラッキー・リザード・シャルドネ S’19Lucky Lizard Chardonnay S’19南豪州アデレード・ヒルズシャルドネ100% Alc.12.9% フェラル・フォックス・ピノ・ノワール S’21Feral Fox Pinot Noir S’21南豪州アデレード・ヒルズピノ・ノワール100% Alc.14.0% ラフィング・マグパイ・シラーズ・ヴィオニエ S’18Laughing Magpie Shiraz Viognier S’18南豪州マクラーレン・ヴェイルシラーズ95%/ヴィオニエ5% Alc.14.7% 南豪州マクラーレン・ヴェイルグルナッシュ/シラーズ/ムールヴェードル Alc.14.7% レモンやライムのフレッシュなブーケにエルダーフラワー・ティーの香り。爽快な口当たりのなかに青リンゴを感じる酸と甘みが調和。メリハリのある洗練された味わいで、瓶熟によって香ばしさやマーマレードの風味が現れる。近隣の水が溜まらない灌漑用ダムにちなみ「ドライ・ダム(=干上がったダム」と名付けられた。ヴィンテージによって「ダム・ドライ(=凄くドライ)」とも。パイナップルやメロン、トロピカルフルーツの豊富な果実に生姜の風味がピリッと爽やかで、余韻は快活。ヴィオニエの14%とマルサンヌはフレンチオーク旧樽で発酵、それぞれ8ヶ月間熟成後ブレンド。畑の石灰質土壌を構成する海底生物の堆積(ハーミット・クラブ=ヤドカリ)を意味すると同時に、ローヌのエルミタージュ(英語の略語はハーミット)のマルサンヌにも思いを馳せて命名。[96pts Winestate Magazine]白桃、パッションフルーツのアロマにレモングラスや青パパイヤがエキゾチック。南国果実の味わいを快活な酸とミネラルがしっかり支え、フォーカスの取れた長い余韻に導く。フリーラン果汁をゆっくり低温発酵、MLFせず、樽不使用。最初の収穫時、現れた小さな蜘蛛(マネー・スパイダー)の糸でブドウが覆いつくされ、醸造を諦めたエピソードから命名。滑らかに広がるアプリコットや桃、フレッシュなメロンの豊かな果実をスパイスやカシューナッツの香ばしい風味と一貫した酸が縁取り、フォーカスの取れた味わい。フレンチオーク旧樽で発酵、澱とともに7ヶ月間熟成。1840年代移民が持ち込んだオリーブの木はこの地域に根付き、鳥が運んだ種によって今やブドウ畑の真ん中にも生えている。黒い果実に伴う黒コショウや甘草の風味に続いて、チェリーや生ハムやモカ、コショウのスパイシーさが複雑に絡み合い、滑らかなタンニンが全体をまとめる。伝統的な5t開口槽で途中まで発酵後、バスケットプレスで優しく圧搾し、新旧のフレンチオーク小樽で澱とともに12-18ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。マクラーレン・ヴェイル・シラーズの代名詞といえる正統派の味わい。[94pts Winestate Magazine]チェリーやラズベリーの軽やかな果実の風味を清らかな酸と艶やかなタンニンが引き締め、適度に力強く華やか。ブドウはゴム歯の破砕機で少量ずつ優しく破砕、開口式発酵槽で発酵し、フレンチオーク旧樽で澱とともに9ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。「カストディアン(守り人)」の名は、1980年代、政府のブドウ樹引き抜き策に対抗しこの地の古木グルナッシュの1/3を守ったことから。レッドチェリーにローリエやスパイス、ほのかな黒コショウの香り。ブラックベリーや桑の実の豊かな果実にきめ細かいタンニンが滑らかに溶け込み、唐辛子や甘草が複雑さを加える。発酵中、足踏みでタンニンを抽出、フレンチオーク旧樽で20ヶ月熟成。無濾過、無清澄。1890年代、この地で初めて膝より高い位置に仕立てた(ハイトレリス)畑のブドウから。[91pts Winestate Magazine]レモンの花とともにバターやカスタード、レモンゼストの風味が広がり、澱由来の滑らかな質感とMLFなしのフレッシュさ、豊かな酸によるストラクチャーとほどよい樽のニュアンスを兼ね備える。ブドウは名前の由来どおりトカゲが迷い込んでも逃げられるほど優しく圧搾、フリーラン果汁のみを用い、40%をフレンチオーク旧樽で自然発酵、澱とともに6ヶ月間熟成。[91pts Winestate Adelaide Hills Wine Show 2022]イチゴやチェリーの鮮やかなアロマで、生き生きとした酸を伴ったザクロやイチゴの赤い果実にかすかなトリュフの風味が滑らかに溶け込み、複雑にエレガント。フレンチオーク旧樽で12ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。畑に出没する野生のキツネが下のほうに実ったブドウを食べることが摘果となり、残った果実は風味が一層凝縮する。また肉食のキツネにとり、ブドウは下剤のような役割を果たすという。[91pts James Suckling]黒い果実やプラム、ブラックチェリーの豊潤な黒い果実の風味にヴィオニエ由来の桃やアプリコットが華やか。黒ブドウ(シラーズ)と白ブドウ(ヴィオニエ)を混醸することから、白黒の羽を持ち、さえずりが笑い声のように聞こえる野鳥マグパイにちなみ命名。フレンチオーク旧樽で発酵し、10ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。[94pts Winestate Magazine]-21-

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る