シャンパーニュに比肩するヴィンテージ・スパークリング
Vintage sparkling on a par with Champagne

#11347
コヤマ・メトード・トラディショネル・スパークリング・ブリュット(ピノ・シャルドネ) '17
Koyama Methode Traditionnelle Sparkling Brut(Pinot Chardonnay) '17

希望小売価格 RRP ¥ 6,500 (税別)

セカンド・リリースとなるこのヴィンテージ・スパークリングは、ピノ・ノワールの膨らみある果実味とシャルドネの切れ味ある酸が見事なバランスで均衡し、おおらかな深みがある。これはシャンパーニュ以外の産地で、良質なブドウから最高質のスパークリングが造られることを証明する1本。(数量限定)
Just the second release of this vintage Pinot Noir-dominant sparkling, it displays a nice balance of rich Pinot Noir fruit with the sharp acid of the Chardonnay, giving it an inviting depth. Waipara is one of the outstanding regions outside of Champagne to produce quality grapes for making sparkling wines. Available in very limited quantities.


フェルトン・ロード
2018年最新ヴィンテージ シャルドネ&ピノ・ノワール
Felton Road 2018 Vintage Chardonnay & Pinot Noir

#11214
フェルトン・ロード・シャルドネ・バノックバーン S'18
Felton Road Chardonnay Bannockburn S'18

希望小売価格 RRP ¥ 5,600 (税別)

フェルトン・ロードがあるバノックバーン(セントラル・オタゴのサブリージョンの一つ)の2018年ヴィンテージは、2017年10月から2018年1月にかけて春が季節外れに暖かく、ブドウの熟成期も気温が高かったのが特徴です。
 ブレア・ウォルターは、「このような年は収量が増える可能性が高まり、収穫のタイミングや取り組み次第で、品質が低下する可能性がある。しかしブドウにはいつもの大事な要素と風味が備わり、このような条件下でも素晴らしい出来だったことに喜ぶとともに驚いている」とのこと。2月28日にピノ・ノワールの収穫が始まり、エルムズ・ヴィンヤード ブロック1のリースリングを除いて、3月29日までに全ての摘み取りが終了。例年より1週間〜10日ほど早い収穫となりました。
カタログ記事はこちらより
フェルトン・ロード商品一覧はこちらより


The 2018 growing season in Bannockburn, a sub-region in Central Otago that is home to Felton Road, was unseasonably warm in spring from October 2017 to January 2018, with fruit maturing rapidly on the vine.
Blair Walter commented, “In years like this, we often get higher yields and a decrease in fruit quality depending on the timing and approach to harvest. However, the grapes have the usual essential elements and flavours, and I am delighted and amazed at how wonderful they are under these cond itions.” Harvesting of Pinot Noir started on February 28th and all picking was completed by March 29th, except for Riesling at Elms Vineyard Block 1. Overall, the harvest was 7 to 10 days earlier than usual.
Go to the article on wine catalogue 2020 summer
Go to Felton Road Wine List


アイリーが描くピノ・ムニエの美しさ
The singular beauty of Eyrie Pinot Meunier

#11375
ジ・アイリー・ヴィンヤーズ・ピノ・ムニエ '16
The Eyrie Vineyards Pinot Meunier '16

希望小売価格 RRP ¥ 9,000 (税別)

アイリーを創設したデイヴィッド・レットは1965年、アメリカで最初にピノ・ムニエを植え、単一品種でワインを造り始めた。最初に植えた畑のピノ・ムニエはフィロキセラに冒されながらも50年存続した。現在は、デイヴィッドの息子ジェイソンがその穂木を台木に接ぎ木し、繊細で魅力的なワインに仕上げている。イチゴをバラの花びらが縁取り、ピュアで清らかな酸が始終途切れず、余韻まで長く残る。これは一度は飲んでおくべき美しきワイン。生産量:200ダース。Decanter 97Ppts/James Suckling 92pts.
Eyrie founder David Lett planted the first Pinot Meunier vines in the United States in 1965, and began making this single varietal wine. This first Pinot Meunier vineyard has survived for over fifty years despite being affected by phylloxera. Today, David’s son, Jason, grafts the scion on a rootstock to make a delicate and attractive wine. Aromas and flavours of strawberries with a hint of rose petals, and a pure acid line. This is a beautiful wine that you should try at least once. Production: 200 cases. Decanter 97pts. James Suckling 92pts.