[カタログ【春】お薦めワイン]
 NEW! 曼荼羅がモチーフ、華やかラベルの”ピンク”
‘Pink’ with a gorgeous ‘mandala motif’ label

#11579
ローソンズ・ドライヒルズ・ピンク・ピノ S'20
Lawson's Dry Hills Pink Pinot S'20

希望小売価格 RRP ¥ 2,500 (税別)

マールボロの海岸からほど近い砂利質土壌のピノ・ノワールは、フレッシュな果実味と酸、ほのかなミネラル感がロゼに最適。ブドウはすぐに圧搾して淡いピンクの色調を引き出し、ピノ・グリ等の白のアロマティック品種を少量ブレンドすることで風味とテクスチャーを加えた。愛らしいチェリーピンクに気分が上がる! NZ Int’l Wine Show Gold

Fruit from Lawson’ s Chaytors Rd vineyard where the gravel soils and strong coastal influence produce Pinot Noir with light, bright, fruity characters ideal for Rose. The fruit is picked specifically for Rose at low Brix with bright acidity. A small portion of Pinot Gris further enhances aromatics, flavor and texture.
NZ Int’l Wine Show Gold.


[醸造家インタビュー掲載]
 造り手とヴィンテージが最も素直に表現されたキュヴェ
An authentic expression of the winemaker and vintage

#11467
ヨハン・ヴィンヤーズ・エステート・ピノ・ノワール '17
Johan Vineyards Estate Pinot Noir '17

希望小売価格 RRP ¥ 5,000 (税別)

エステート・ピノ・ノワールには自社畑の全ての区画のワインがブレンドされ、ヨハンの畑とその年のヴィンテージ特徴が最も素直に表現されている。淡く、わずかに褐色を帯びた色調で、穏やかな果実のアロマからは、力みを全く感じさせない自然体の旨味成分が醸し出されている。腐葉土を思わせる土っぽいミネラルがプラムの果実に溶け込み、純粋に清らか。全房発酵の特徴である梗の香りとタンニンのエッジが味わい全体をエレガントにまとめている。

ヨハン・ヴィンヤーズ醸造家インタビュー「ヴァンダザー・コリドーの土地で個性豊かな品種を多彩に表現」も合わせてご覧ください。

The Johan Estate Pinot Noir is a showcase of the entire farm and vintage, a blend of small parcels of fruit from every variable in clone, rootstock, vine age and soil on the estate. It has a light, slightly dusty hue, with soft fruit aromas that exude a natural umami and belie its strength. Added complexity is imparted by stems that give an edge to the tannins, a characteristic of whole-bunch fermentation. Earthy minerals reminiscent of humus melt into the pure plum fruit, further contributing to the overall elegance.

[カタログ【春】お薦めワイン]
 2019年のタソック・テラス・リースリングはドライ
The dry 2019 Tussock Terrace Riesling

#11480
コヤマ・タソック・テラス・ヴィンヤード・リースリング S'19
Koyama Tussock Terrace Vineyard Riesling S'19

希望小売価格 RRP ¥ 4,200 (税別)

その年のブドウの糖度、酸、熟度により、ワインの残糖度を柔軟に変化させて造るのがタソク・テラス・リースリング。2019年はワイパラ・ヴァレー史上最も暖かい生育期となり、ブドウには貴腐がつかず健全な果粒がよく熟した。2019年はドライな仕上がり(残糖7.16g/L)で、2018年(残糖24.3g/L)との飲み比べも面白い。

Winemaker Takahiro Koyama’s approach to Tussock Terrace is highly flexible, changing the residual sugar content of the wine to reflect the sugar content, acidity and ripeness of the grapes each vintage. 2019 was the warmest growing season in Waipara Valley history, with noble rot on the grapes and ripe healthy berries as well. It is interesting to compare the dry 2019 vintage (residual sugar 7.16g/L) with the 2018 (residual sugar 24.3g/L).


[カタログ【春】お薦めワイン]
 カエルのリースリング、 ラベルは届いてのお楽しみ
The iconic ‘frog labels’ are now in stock

#11410
ルーウィン・エステート・アートシリーズ・リースリング S'19
Leeuwin Estate Art Series Riesling S'19

希望小売価格 RRP ¥ 3,200 (税別)

豪を代表するアーティスト、ジョン・オルセン(John Olsen)が描くラベル。12本箱にはカエルの4つのデザインが各3本入っており、すべてを求めるコレクターがいるほどの人気。ラベルは可愛いが、味わいは本格的で長熟に耐える。冬ごもりしていた小さな生き物たちが出てくる啓蟄の時期、ラベルも愛でながら愉しみたい。James Halliday 90 points

This wine’s iconic ‘frog labels’ were drawn by John Olsen, ‘Australia’ s greatest living artist’, in the early 1980s. We receive the wines in 12-bottle boxes, with 3 bottles each of 4 different frog label designs, and they are very popular with collectors who want all of them. While the labels are cute, the wine is elegant and vital, the perfect spring drink to celebrate the re-emergence of frogs and creatures coming out of winter hibernation. James Halliday 90 points.