2017_winter_oroshi_J
40/68

-40-ニュージーランド ブランド別※価格はすべて消費税別。容量は別途記載のあるもの以外すべて750ml。商品名とヴィンテージの間の“S”はスクリューキャップ使用。※年=年号変更、↑/↓=価格変更(UP/DOWN)、新=新商品、名=名称変更、限=限定品、加州=カリフォルニア州。Crowded Houseクラウディッド・ハウスオーストラリア、ハンター・ヴァレー出身のアント・モアーが醸 大学の2人の級友とともに2004年に興したブランド。マルボローのワイホパイ・ヴァレーに畑を所有し、カタリナ・サウンズのワインも手掛ける。10037ソーヴィニヨン・ブラン S'14柑橘、ストーンフルーツにほのかなミネラルとハーブの風味が混じる。クリーンな口当たりで、すっきりとした飲み心地よさがある。\1,600Sauvignon Blanc S'14マルボローソーヴィニヨン・ブラン100% Alc.13.0% 10038ピノ・ノワール S'15ほどよくスパイシーで芳醇なアロマ。口当たりは柔らかく、なめらかな余韻へと続く。2014年末に気温の低い日が続き、2015年は収量の少ないヴィンテージ。除梗して自然発酵の後、40%をオーク樽で10ヶ月熟成。\2,750Pinot Noir S'15マルボローピノ・ノワール Alc.13.0% Felton Roadフェルトン・ロード初リリースの1997年ピノ・ノワールでセントラル・オタゴに世界の注目を集めたパイオニア。早期よりバイオダイナミック農法、重力に配慮した醸 所設計、天然酵母による発酵など、人的介入を最小限に抑える手法でニュージーランドTOP”5”に列する。10318ヴァン・グリ S'16淡いサーモン色で、野生のイチゴと花にほのかなチャービルとフェンネルの香り立ち。豊かなテクスチャーで、ドライで柔らかみがあり、クリーンでピュアなフィニッシュ。アペリティフとしても、食中酒としても、様々な料理と楽しむことができる。\4,000Vin Gris S'16セントラル・オタゴピノ・ノワール Alc.14.0% 10317リースリング・バノックバーン S'16ライチ、ストーンフルーツ、フローラルのアロマ。桃の果実が高い密度で広がり、フィニッシュはシャーベットのように爽やか。 残糖がしっかりとした果実味に溶け込み、それほど残糖分が高いとは気づかないほど、完全に統合されている。つなぎ目のないシンプルなリッチな味わいを表現することは難しく、そのシンプルさにこのワインの特徴が見つけられる。\4,300Riesling Bannockburn S'16セントラル・オタゴリースリング Alc.9.5% 残糖63.2g/L10314ドライ・リースリング S'16白桃とともに花とライ の風味が石っぽい、豊かなテクスチャーへとつながっていく。樹齢が高まるに連れて、舌に感じる複雑味と深みが増し、途切れずに酸が持続する。完全に清らかで、長い余韻があり、20年目のヴィンテージにして、最高のドライリースリングのひとつに数えられる出来。\4,300Dry Riesling S'16セントラル・オタゴリースリング Alc.13.5% 残糖5.32g/L10045シャルドネ・バノックバーン S'15白い桃、 いたアーモンド、オレンジの花のアロマが香り立つ。 クリーミーで芳醇な質感をきれいな酸味が縁取り、フレッシュ。フィニッシュに再びアーモンドのナッティな風味が戻り、ミネラル感が複雑味となって続く。 \5,300Chardonnay Bannockburn S'15セントラル・オタゴシャルドネ Alc.14.0% 10312シャルドネ・ブロック2 S'15柑橘の花と果皮のアロマは非常に直線的で、分散することなくひとつに集約している。焦点のあった柑橘と石っぽさが舌に広がり、僅かにナッツとトーストした香ばしい風味が余韻まで長く残る。リッチなテクスチャー が、ミネラル感と精密さがあり、硬く引き まっている。ブロック2は持続的な力強さと透明な存在感がある。\6,500Chardonnay Block 2 S'15セントラル・オタゴシャルドネ Alc.14.0% 10313シャルドネ・ブロック6 S'15セントラル・オタゴ\6,500Chardonnay Block 6 S'15シャルドネ Alc.14.0% 10046ピノ・ノワール・バノックバーン S'15ダークチェリー、ローズヒップになめし皮の香りがふわっと浮き立ち、プラ 、シナモンスパイス、ナツメグ、乾燥したタイ などの風味が口内に広がる。豊かな果実味をシルキーなタンニンがつなぎ目なく包み込み、活力ある果実味がフィニッシュまで続く。バノックバーンらしい特徴を正確に表現した調和のとれたピノ・ノワール。\6,800Pinot Noir Bannockburn S'15セントラル・オタゴピノ・ノワール Alc.14.0% 10315ピノ・ノワール・カルヴァート S'15若い時点では、ピュアで清らかな果実とバラのフローラルなアロマが香り立ち、もの静けさが漂う。カルヴァートらしく、フォーカスされたミネラリーな硬さがあるが、純粋で、フィニッシュはジューシー。樹齢が高まるに連れ、優しい柔らかさから筋肉質な厚みへと変化してきているように感じられる。\8,200Pinot Noir Calvert S'15セントラル・オタゴピノ・ノワール Alc.14.0% 10049ピノ・ノワール・コーニッシュ・ポイント S'15林床 アジアンスパイス、ダークチェリーのアロマ。コーニッシュ・ポイントらしいリッチなプラ の果実が心地よくス ーズに広がり、 朴な魅力さに満ちている。シルキーにスパイシーで、鮮やかな旨みが最後まで途切れ続く。 \8,200Pinot Noir Cornish Point S'15セントラル・オタゴピノ・ノワール Alc.14.0%

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る